委員会活動
所長の意見
各種研究会
提言 報告書
お知らせ
研究所概要
 ホーム>提言 報告書>
日付
題  名
備 考
2016.11.29 社会保障・税番号(マイナンバー)制度の活用と日本版IRA 金融税制・番号制度研究会
2015.12.14 軽減税率の導入を懸念するアカデミア有志による声明 (2017.2.1トップページより転載)
2015.11.16 社会保障・税番号(マイナンバー)制度の民間活用の拡充に向けて 金融税制・番号制度研究会
2014.11.27 社会保障・税番号(マイナンバー)制度の活用に向けた取組み 金融税制・番号制度研究会
2013年11月 社会保障・税番号制度の活用と官民連携のあり方 金融税制・番号制度研究会
2012.11.20 金融所得一体課税とマイナンバー制度の推進 金融税制・番号制度研究会
2011年11月 社会保障・税番号の導入と今後の課題 金融税制・番号制度研究会
2011年8月 社会保障・税共通番号大綱へのパブリックコメント 金融税制・番号制度研究会
2010年11月 納税者の立場からの税・社会保障共通番号の導入を 2010年11月9日 民主党税制調査会
中央大学法科大学院教授 森信茂樹
2010年11月 社会保障・税の共通番号制度の 導入と民間利用のあり方 金融税制・番号制度研究会
2010年 6月 マーリーズ・レビュー研究会報告書 財団法人企業活力研究所
2009年10月 金融所得一体課税の推進と日本版IRA の提案 金融税制研究会
2008年10月 抜本的税制改革−安心社会の建設と経済活性化の両立を− 21世紀政策研究所 研究プロジェクト
「抜本的税制改革に向けて−法人税改革のあり方」
研究主幹 森信茂樹
2008年10月 金融所得一体課税〜個人金融資産1,500兆円の活用に向けて〜 金融税制研究会
2008年 8月 資産形成支援税制に関する提言 「金融税制研究会」有志
2008.5.13 東京財団「税と社会保障の一体化の研究」プロジェクト 日本型給付つき税額控除 ―給付付き児童税額控除の提言―
税と社会保障の一体化の研究 ―給付つき税額控除制度の導入―
当研究所所長 森信茂樹が東京財団のプロジェクトのリーダーとして提言したもの
2007.11.28 「わが国税制改革への提言」
「税制改革の国際的潮流と抜本的税制改革のあり方」 中間報告書
21世紀政策研究所 研究プロジェクト
研究主幹:森信茂樹
2007.10.30 金融所得一体課税 〜 その位置づけと導入にあたっての課題〜 金融税制研究会 報告
当研究所所長 森信茂樹が中心となって取りまとめた金融所得一体課税の報告書

(社)ジャパン・タックス・インスティチュート  All Rights Reserved