委員会活動
所長の意見
各種研究会
提言 報告書
お知らせ
研究所概要
 ホーム

2014年以降JTIで研究会を開催してきました「租税回避の包括的(一般)否認規定」問題について、本年3月末に財務省財務総合研究所からその成果が出版されましたのでご報告いたします。以下のメールアドレスからご覧ください。
http://www.mof.go.jp/pri/publication/financial_review/fr_list7/fr126.htm


2015年12月14日

軽減税率の導入を懸念するアカデミア有志による声明

 2017年4月の消費税率引き上げに合わせて食料品全般を対象とした軽減税率制度の導入を含む税制改正が与党において合意された。
 軽減税率制度は、欧州等の先行実施している諸国の実情を実証分析しても、所得再分配効果を期待できない(低所得者対策にならない)、その実施に際しては多大な社会的コストを伴い国民生活の混乱を招きかねない、軽減税率の商品別採択を巡って利権政治が横行しがちである等の問題がある。したがって、我々は、社会保障・税一体改革の原点に立ち、軽減税率制度の導入には反対の態度を貫いてきた。
 軽減税率制度の導入は国民生活や経済等に直結する政策決定であり、かりに、社会的合意を経て制度導入をする場合にも、欧州型インボイスを採用し、いわゆる益税や不正の防止徹底等、消費税をはじめとする税制への信頼を確保していくことが不可欠である。こうした十分な準備を整えることなく、現状の内容や課税方式によって導入されることがあっては、将来に禍根を遺す税制の改悪になりかねないと我々は大いに懸念している。
 政策関係者はもちろんのこと、広く国民全体で、この制度に内在する、メリットをはるかに超えたデメリットを議論し、あるべき社会的な合意形成を図っていかねばならない。我々は、まずは、アカデミア(経済学者、法学者、政治学者、シンクタンカー等)を対象に本声明を行うこととした。

   発起人(五十音順)
     赤井伸郎 大阪大学経済学部教授
     井伊雅子 一橋大学国際・公共政策大学院教授
     小塩隆士  一橋大学経済研究所教授
     加藤久和  明治大学経済学部教授
     亀井善太郎  東京財団研究員兼政策プロデューサー
     川出真清  日本大学経済学部教授
     佐藤主光  一橋大学国際・公共政策大学院教授
     田近栄治  成城大学経済学部特任教授
     土居丈朗  慶應義塾大学経済学部教授
     冨田清行 東京財団研究員兼政策プロデューサー
     西沢和彦 日本総合研究所調査部上席主任研究員
     三原岳  東京財団研究員兼政策プロデューサー
     森信茂樹  中央大学法科大学院教授

本件にご賛同いただけるアカデミアの皆さまにおいては、その旨、事務局(亀井 メールアドレス:kamei(at)tkfd.or.jp、at部分は@に変更して送信ください)までご連絡ください(お名前、ご所属を記入の上)。しかるべきタイミングで賛同者のお名前を社会に共有します。
http://blog.canpan.info/zkamei/archive/137


JTIは日本版IRAを長年議論してきました
金融庁で、非課税の私的年金創設の議論が始まりました(13年11月9日付日経朝刊一面)。これは、JTIが長年検討してきた日本版IRAの議論です。JTIのこれまでの提言については、以下の論文等をご参照ください。

社会保障・税番号制度の活用と官民連携のあり方(金融税制・番号制度研究会 平成25年11月)

社会保障・税の一体改革に欠ける視点―日本版IRA(税制優遇私的年金)の整備を 経済産業研究所講演議事録 (2011年12月13日)
日本版IRA(個人型年金非課税制度) 平成22年8月金融庁金融税制調査会・森信提出資料
金融所得一体課税の推進と日本版IRA の提案(2009年10月 金融税制研究会)

更新履歴  
日付
内 容
掲載サイト
5月9日
メルマガ(No.118 2016.5.1)を発行しました。
コラム  アベノミクスと格差の拡大
会員専用サイト
5月1日

第92回検討内容要約(2016.4.19)

国際課税委員会
5月1日

パナマ文書問題、日本への波及は 「ダイヤモンドオンライン」(2016.4.14)

所長の意見
5月1日

G20会合で見えたパナマ文書問題「3つの論点」 「ダイヤモンドオンライン」(2016.4.29)

所長の意見
5月1日
アベノミクスと増税先送り 『資本市場』 2016年4月号 所長の意見
5月1日
タックスヘイブン対策税制 「税務弘報」2016年6月号 所長の意見
4月4日
メルマガ(No.117 2016.4.1)を発行しました。
コラム  消費増税先延ばしはあるのか
会員専用サイト
4月1日

第78回検討内容要約(2016.3.15)

あるべき税制に関する委員会
4月1日

第91回検討内容要約(2016.3.8)

国際課税委員会
4月1日

中小法人課税の課題 「税務弘報」2016年4月号

所長の意見
4月1日

安倍政権がやるべき政策 「ダイヤモンドオンライン」(2016.3.30)

所長の意見
4月1日
消費税先延ばしはアベノミクスの失敗 「ダイヤモンドオンライン」(2016.3.15) 所長の意見
4月1日
租税回避への対応を急げ 『資本市場』 2016年3月号 所長の意見
3月22日
「文化インフラ構築と税制の研究会」設立のお知らせ 文化インフラ構築と税制の研究会
3月1日
メルマガ(No.116 2016.3.1)を発行しました。
コラム  租税回避への適切な対応を
会員専用サイト
3月1日

財務金融委員会参考人意見陳述 軽減税率 衆議院財務金融委員会公聴会(16年2月29日)

所長の意見
3月1日

衆議院財務金融委員会参考人質疑資料 衆議院財務金融委員会公聴会(16年2月29日)

所長の意見
3月1日
BEPSと租税回避 「税務弘報」2016年3月号 所長の意見
3月1日
私の租税教育論 「税務弘報」2016年3月号 所長の意見
3月1日
1兆円の財源をどう確保するのか 『資本市場』 2016年2月号 所長の意見
3月1日
ドイツ・イギリスに見る外食価格表示の実態 「ダイヤモンドオンライン」(2016.2.25) 所長の意見
3月1日
軽減税率・益税・インボイス 「ダイヤモンドオンライン」(2016.2.12) 所長の意見
2月1日
メルマガ(No.115 2016.2.1)を発行しました。
コラム  社会保障1兆円の財源探し
会員専用サイト
2月1日

第77回検討内容要約(2016.1.25)

あるべき税制に関する委員会
2月1日

第90回検討内容要約(2016.1.12)

国際課税委員会
2月1日
軽減税率1兆円の政府答弁 「ダイヤモンドオンライン」(2016.1.22) 所長の意見
2月1日
軽減税率導入で空く社会保障財源「1兆円の大穴」をどう埋める 「ダイヤモンドオンライン」(2016.1.8) 所長の意見
2月1日
マイナンバー制度の行方と課題 「地方議会人」 (2016.1) 所長の意見
2016年
2月1日
軽減税率・益税・インボイス 「貿易と関税」(2016.01) 所長の意見
12月28日
アベノミクスは実行の年 「ほうじん」(2016.新年) 所長の意見
12月28日
一億総活躍社会に必要なのはワーキングプア対策 『資本市場』 2015年12月号 所長の意見
12月24日
外形標準課税の問題点 「エコノミスト」 (2015.12.22) 所長の意見
12月24日
新聞の軽減税率 国民不在の議論 「ダイヤモンドオンライン」(2015.12.17) 所長の意見
12月14日
「軽減税率の導入を懸念するアカデミア有志による声明」を掲載しました。  
12月2日
メルマガ(No.114 2015.12.1)を発行しました。
コラム  理論なく進む税制改革
会員専用サイト
12月1日

第76回検討内容要約(2015.11.4)

あるべき税制に関する委員会
12月1日

第89回検討内容要約(2015.11.20

国際課税委員会
12月1日
軽減税率は財源問題 『資本市場』 2015年11月号 所長の意見
12月1日
生鮮食料品を超える軽減税率はパンドラの箱を開ける 「ダイヤモンドオンライン」(2015.11.27) 所長の意見
12月1日
軽減税率問題と「益税」 「ダイヤモンドオンライン」(2015.11.13) 所長の意見
12月1日
インボイスを正しく理解するための「4つの論点」 「ダイヤモンドオンライン」(2015.11.2) 所長の意見
11月16日
社会保障・税番号(マイナンバー)制度の民間活用の拡充に向けて(金融税制・番号制度研究会) 提言 報告書
   


(社)ジャパン・タックス・インスティチュート所長
森信茂樹

所長経歴
中央大学法科大学院教授・法学博士
1950年広島生まれ、1973年京都大学法学部卒業後、大蔵省入省。英国駐在大蔵省参事(国際金融情報センターロンドン所長)、証券局調査室長、主税局調査課長、税制第2課長、1998年主税局総務課長、1999年大阪大学法学研究科教授、2003年東京税関長、2004年プリンストン大学で教鞭をとり、2005年財務総合政策研究所長。東京大学法学部客員教授、コロンビア・ロースクール客員研究員。
著作:『抜本的税制改革と消費税』(大蔵財務協会)、『日本が生まれ変わる 税制改革』(中公新書ラクレ)、『わが国所得税課税ベースの研究』(日本租税研究協会)、『日本の税制』(PHP新書)ほか

日中税制フォーラム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(社)ジャパン・タックス・インスティチュート  All Rights Reserved